石窯工房アグリのパン屋開業支援

お問い合わせは

  • 電話から
  • メールから

石窯工房アグリのパン屋開業支援について

 

[check]未経験でも・・・パン屋をやりたい夢を持っている人

[check]未経験で、パンの基本を勉強したい人

[check]週末のイベントでパンを出品して週末起業したい人

[check]「食パン専門店」等、専門店に特化したパン屋をやりたい人

[check]パンを作れるようになってネット販売で副業したい人

[check]パン教室に通ってて、ゆくゆくはパン屋さんをしたい人

[check]パン教室に通っているがパン屋としての専門的なことを勉強したい人

[check]パンスクールの週1日のペースではなく連続して短期間で製パン技術を学びたい人

[check]パン屋を開業する為に実店舗で実践経験をつみ開業成功したい人

[check]飲食店・カフェにパンメニューを加えて売上げアップしたい人

 

こんな方、実践型パンスクールで製パン技術をマスターし、「自分がやりたい夢」を 実現しませんか?

受講生から感謝されるパンスクール

 

 

こんにちは。スローフードファクトリー長崎あぐりの丘(石窯工房アグリ)のオーナー&フードコーディネーターの西島です。
石窯工房アグリは現在長崎で4店舗お店を展開してます。
「パン屋を開業する方法を教えてほしい!」というお客様の声から短期間で修得が可能な実践型・パン屋開業支援スクールも行なっております。
他のスクールとの違いは「実践型」で教える内容がすぐに独立に使える内容である事。
そして、一人一人の受講生の立場に立った指導を行なうことです。
これが受講生の満足度が高く、受講生から感謝されるスクールである理由です。
今はパン屋さんですが、今から7年前、私は長崎で3店舗の飲食店を運営していました。
もともと「びっくりドンキー」で外食産業の面白さと、フランチャイズシステムを学び、月商2千万円のお店を管理した経験を元に、「自分の力を試してみたい」「独立したい」と思い、11年前に飲食店をオープンしたからです。
5年間で3店舗まで増やし、うち1店舗をフランチャイズシステムを立ち上げ、オーナー制度で売却したとき、長崎での今後の外食産業の動向を考えると「人口40万人弱の狭い長崎での外食産業は飽和していて、少ないパイの奪い合いの中では、勝機がない」と判断し、「別の業態を立ち上げ、第二の創業をしよう!」そう思って、パンの世界を志したのがパン屋になるきっかけでした。
もともとやっていた外食のお店、でランチセット・ディナーのフルコース等、自家製のパンを焼いてお出ししていたので、パンもできるだろうという甘い考えではじめようとしたところ、すぐに問題に直面しました。それは

「パンの作り方を教えてくれるところがない」事です。

パンの作り方を教えない閉塞的なパン業界

自分で開業する為には基本的なパンの勉強をパン屋さんから教えてもらうことが近道だと考えました。又、今までの経験から、パンの教室とパン屋のパン作りは全くの別物である事もわかってたので、なおさら、パン屋さんから実戦的な製パン技術を学ぶ重要性も理解していました。しかし、食料品業者・知り合いなど、あらゆるつてを頼ってみても製パン技術を教えてくれるパン屋さん・メーカーさんは見つかりませんでした。
「パン屋に就職し何年もかけて製パン技術を修得すること」しか方法はなかったのです。
「お金を払ってでもパンの作り方を教えて欲しいのに教えてくれるところがない!!」
そんな閉鎖的なパン業界に驚きました。

イーストフードを入れないパン作り

結局、パン職人さんを雇い、お店を運営しながら自分の製パン技術の修得を行ないましたが、パン業界に入って一番驚いたことは「イーストフード」という食品添加物(発酵促進剤・品質安定剤)をパン業界ではどのパン屋も伝統的に使用していることでした。
私が持つパン屋さんのパンのイメージは「毎朝できたてのおいしい・安全なパン」でした。
しかし実際は「イーストフード」は、国の定めた基準量以内で使用することは可能なものの、体に有害な物質が含まれている事がわかっており、私の持つパン屋さんのイメージとかけ離れた姿が実際のパン屋さん実態であることに強いショックを受けました。そして、同時に「自分がやるパン屋では絶対に安全なパンしか出さない!」と決意し、「お客様がパンを食べて、笑顔で健康になれるパン作り」が、私たち「石窯工房アグリ」の’スローガンとなり、パン業界では珍しい’「イーストフードを入れないパン作り」を行い、「お客様の笑顔・健康・食の安全」を守り、現在 パン業態を立ち上げて7年目で長崎市内に4店舗の直営店運営や、病院・老健施設・全国百貨店への卸などを行い、年商4000万円のリテールベーカリーに成長しました。

パン業界への挑戦、お客様・食の安全を目指す

パンスクールの開校へ

今だからこそ、私ができることは

自分が当時困っていた製パン技術の指導などの開業支援を行ない誰でも開業できる開放的な業界にすること。

 

安全なパンを作る輪を広げることで、お客様に
食べて笑顔で健康になっていただくこと。
この二つの想いを元に、石窯工房あぐりパンスクールを開校することにしました。

石窯工房アグリ・パンスクールで学べること

パンスクールのカリキュラムは大きく分けて

A 全国どこからでも受講できる
  「小さなパン屋開業マニュアル」をもちいた開業方法学習。

B 実際に製パンを行なう実践実習による製パン技術修得「開業支援研修」
  (5日間・10日間コース)

となります。

詳しくはこちらをクリックしてください